買取作家

菊池一雄

きくち かずお

菊池一雄(きくち かずお 1908年(明治41年)-1985年(昭和60年))は日本の彫刻家。

東京芸術大学教授、京都市立美術大学教授。日本画家である菊池契月の長男として生まれる。
東大美術史学科卒後、パリに留学して彫刻の道を進む。
帰国後、新制作協会の会員として指導的な立場で活躍するとともに、東京芸大教授や京都市立美大教授として約30年間美術教育に携わった。
昭和24年に毎日美術賞を受賞した「青年像」をはじめ、「自由の群像」「原爆の子の像」など数々の記念像を制作、戦後の具象彫刻の代表的存在となった。

1908年 京都府で生まれる
1928年 藤川勇造について彫刻を、小林萬吾の同舟社で石膏デッサンを学ぶ
1930年 二科展で初入選
1934年 二科展で特待を受賞
1936年 渡欧

帰国後も数々の賞を受賞。
1985年 逝去

菊池一雄の代表的な作品

  • 「青年像」
  • 「原爆の子」
  • 「平和の群像」

菊池一雄の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では菊池一雄の作品を高価買取しております。
もし菊池一雄の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop