買取作家

高村光雲

たかむら こううん

高村光雲

高村光雲(たかむら こううん 1852年(嘉永5年)‐1934年(昭和9年))は日本の仏師、彫刻家。明治~大正時代に活躍。本名:中島幸吉。幼名は光蔵。高村光太郎、高村豊周の父親。

仏像や動物をモチーフにした作品を多く手がける。
明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響で、仏師としての仕事はなく、輸出用の象牙彫刻が流行したために木彫も衰え、光雲自身の生活も苦しかった。
そのような中で光雲は木彫に専念、積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、
江戸時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした。

1852年 江戸で生まれる
1863年 仏師・高村東雲に師事する
1874年 高村東雲に認められ、高村光雲を名乗る
1877年 第一回国内勧業博覧会で龍紋賞を受賞
1886年 東京彫工会を設立する
1893年 シカゴ万国博覧会に『老猿』を出品する
1898年 上野公園『西郷隆盛像』の木型制作する
1899年 木彫レリーフ『江口の遊君(遊女)』を制作する
1919年 パリ万国博覧会に『山霊訶護』を出品する
1934年 逝去

高村光雲の代表的な作品

  • 「老猿」
  • 「西郷隆盛像」
  • 「楠公像」
  • 「山霊訶護」

高村光雲の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では高村光雲の作品を高価買取しております。
もし高村光雲の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop