買取作家

北村西望

きたむら せいぼう 

北村西望(きたむら せいぼう 1884年(明治17年)-1987年(昭和62年))は日本の彫刻家。明治~昭和時代に活躍。本名は北村西望(にしも)
紺綬褒章の受章や名誉町民、名誉市民などに選ばれるなど優れた実績を持ち、
彫刻だけではなく書などの作品も高く評価され、日本を代表する芸術家としても知られている。
作風は勇敢で力強い人体像、男性像を得意とし、100歳を過ぎても平和をテーマに制作を続けた。
日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(西望賞)の名を冠している。

1884年 長崎県で生まれる
1907年 東京美術学校(現:東京藝術大学)に入学
1916年 建畠大夢らとともに美術研究サークル「八手会」を結成
1920年 森鴎外から「寺内元帥騎馬像」の制作を依頼される。
1953年 東京都内の井の頭公園の土地を借用しアトリエを建設。
1955年 「長崎平和祈念像」が完成
1987年 102歳で逝去

北村西望の代表的な作品

  • 「平和祈念像」
  • 「山縣有朋像」
  • 「熊谷之次郎直實像」
  • 「若き日の織田信長像」

北村西望の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では北村西望の作品を高価買取しております。
もし北村西望の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop