買取作家

津田信夫

つだ しのぶ

津田信夫(つだ しのぶ、1875-1946年)は、明治から昭和時代に活躍した日本の鋳金工芸作家である。1875年10月23日千葉県佐倉に佐倉藩堀田家中代々漢方医を務める津田長人の長男として生まれる。号は大寿。

1900年東京美術学校鋳金科を卒業。1902年同校助教授として務める。のち1919年に教授となる。1941年には工芸技術講習所教授となり、後進の指導を務める。
1923年文部省から在学留学の指示を受け、ヨーロッパに出発する。留学中はパリ万国現代装飾美術工芸博覧会の審査員を務める。1925年帰国。
1927年、帝展に工芸部が新設。それと同時に委員となる。以後、審査員を務めることもあった。その後1935年に帝国美術院会員や1937年芸術院会員に推される。

また、1928年にフランスからオフイシエダカデミー勲章、1933年にはオフイシエエトアルノアール勲章を贈られ、国内だけでなく国外でも活躍をみせた。
1946年2月17日自宅で死去する。

ヨーロッパの新しい思潮や工芸事情を伝える。若い工芸家たちに影響を与え、モダニズム運動の推進者として評され、鋳金界に近代的な作風を出した。1930年に議事堂貴賓室扉の装飾を手掛けている。


年表
1875年 千葉県に生まれる
1900年 東京美術学校鋳金科卒業
1902年 東京美術学校鋳金科助教授
1919年 東京美術学校鋳金科教授
1923年 ヨーロッパに留学
1925年 帰国
1927年 帝展工芸部が新設 委員
1928年 オフイシエダカデミー勲章授与
1933年 オフイシエエトアルノアール勲章授与
1935年 帝国美術院会員
1937年 芸術院会員
1941年 工芸技術講習所教授
1944年 工芸技術講習所教授退官 正4位勲4等
1946年 死去

津田信夫の代表的な作品

  • 「鋳銅新秋誦無置物」「夕暗」「北辺夜猫子鋳金置物」「青銅万法始終」」「日本橋上部鋳造装飾の獅子頭」

津田信夫の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では津田信夫の作品を高価買取しております。
もし津田信夫の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop