買取作家

植松包美

うえまつ ほうび

植松包美(うえまつ ほうび 1872年(明治5年)11月1日-1933年(昭和8年)11月16日)は日本の漆芸家。東京都出身。本名は弥太郎。号は抱美・包美・不老斎。明治後期~昭和初期にかけて漆芸部門では赤塚自得とともに双璧と称された。


東京に蒔絵師である植松抱民の長男として生まれる。蒔絵技法を父抱民に学び、図案を岸光景に師事した。また、尾形光琳・原半遊斎の作品に私淑。


漆工競技会、内国勧業博覧会、帝国美術院展覧会などに出品を重ね、多数の賞を受賞した。帝展の審査員も務める。


また、古典蒔絵を研究。古典の妙味を生かした伝統的で技巧に優れた作品を制作した。琳派的な表現を用いた作品を多く残し、茶道具、筆記具、印籠などに秀作を残す。

植松包美の代表的な作品

  • 「蜀江錦蒔絵料紙硯箱」

植松包美の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では植松包美の作品を高価買取しております。
もし植松包美の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop