買取作家

大場松魚

おおば しょうぎょ

大場 松魚(おおば しょうぎょ 1916年(大正5年)3月15日 - 2012年(平成24年)6月21日)は、日本の漆芸家。石川県出身。


本名は勝雄。蒔絵の重要無形文化財保持者(人間国宝)である。
松田権六に師事。


失われつつあった伝統的な技法を蘇らせ、近代的な技法にも取り組み、高度な技術を発展させる。


伊勢神宮式年遷宮御神宝「御鏡箱・御太刀鞘」(昭和27年及び47年)や、中尊寺金色堂の保存修理(昭和39年)に4年間従事したことがきっかけで、本格的な平文の技法に取り組んだ。
1982年(昭和57年)4月20日に「蒔絵」で人間国宝に認定された。



年表
1916年 石川県で生まれる
1943年 金沢市県外派遣実業練習生として上京。蒔絵師・松田権六に師事。
1952年 伊勢神宮式年遷宮御神宝を奉納する
1964年 国宝中尊寺金剛堂保存修理に漆芸技術者主任として4年間従事。
1972年 伊勢神宮式年遷宮御神宝を奉納。
1978年 紫綬褒章を受章。
1982年 重要無形文化財「蒔絵」の保持者となる
1988年 東大寺昭和大納経華厳経経箱の蒔絵が完成
2012年 死去

大場松魚の代表的な作品

  • 「平文輪彩箱」
  • 「平文宝石箱」
  • 「平文小箪笥」
  • 「市松模様平文小箪笥」
  • 「金銀平文鶴文箱」

大場松魚の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では大場松魚の作品を高価買取しております。
もし大場松魚の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop