買取作家

小川松民

おがわ しょうみん

小川松民(おがわ しょうみん、1847年6月8日(弘化4年4月25日)-1891(明治24)年5月29日)は、日本の漆芸家。江戸出身。通称繁次郎。
江戸日本橋長谷川町の金具師である忠蔵の子として生まれる。16歳のとき中山胡民に師事し、蒔絵を学ぶ。また、1873年には江戸琳派の池田孤村に師事。画の技術を磨く。



1876年にはアメリカ・フィラデルフィア万国博覧会に出品。自費で渡米し、博覧会を視察する。翌年の第1回内国勧業博覧会博では龍紋賞牌を受賞。1881年の第2回内国勧業博覧会で妙技賞牌三等を受賞。第3回内国勧業博覧会でも「三夕蒔絵香棚」を出品。妙技二等を受賞し、宮内省御用品となる。また、日本美術協会美術展覧会でも出品し、2度銀牌を受賞している。



作品の出品をし、多数の賞を受賞する一方で、東京美術学校の初代教授を務め、後進の指導に励んだ。また、柴田是真らと共に日本漆工会の創設に参加している。



古典蒔絵の研究を重ね、中でも明治の復古国粋主義の美術批評家たちの感化を受け、歌絵模様の蒔絵を好んで制作した。作品は茶道具が多数あるが、印籠も残っている。




年表
1847年 江戸に生まれる
1873年 江戸琳派の池田孤村に師事
1876年 アメリカ・フィラデルフィア万国博覧会 出品
1877年 第1回内国勧業博覧会博 龍紋賞牌受賞
1881年 第2回内国勧業博覧会 妙技賞牌三等受賞
1888年 日本美術協会美術展覧会 銀牌受賞
1889年 日本美術協会美術展覧会 銀牌受賞
1890年 第3回内国勧業博覧会 妙技二等受賞
    東京美術学校 教授
1891年 死去

小川松民の代表的な作品

  • 「松竹梅漆画会席飯汁椀」
  • 「暦文字文蒔絵香合」
  • 「蒔絵香盆」
  • 「熨斗若松蒔絵盆」

小川松民の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では小川松民の作品を高価買取しております。
もし小川松民の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop