買取作家

浅蔵五十吉

あさくら いそきち

浅蔵 五十吉(あさくら いそきち、1913(大正2)年2月26日 - 1998(平成10)年4月9日)は、昭和から平成時代に活躍した日本の陶芸家である。本名は与作(よさく)。石川県能美郡寺井町(現能美市)生まれ。 娘の浅蔵一華は、 同じ九谷焼作家である。


幼少期から陶芸の基礎を父の磯吉から学び、技術を磨く。
その後1928年に初代徳田八十吉に師事し、色絵技術を習得した。同年、第1回日展に出品し、入選。以後、連続入選する。後、北出塔次郎等に師事する。


その後も活躍を見せ、1981年日本芸術院賞を受賞。1984年に日本芸術院会員、1992年に文化功労者、1996年に九谷焼作家として初めてとなる文化勲章を受章した。
また、1993年には故郷の寺井町に「浅蔵五十吉美術館」が開館。設計は池原義郎である。



年表
1913年 石川県能美郡寺井町に生まれる
1928年 初代徳田八十吉に師事
    第1回日展に出品 入選
1981年 日本芸術院賞を受賞
1984年 日本芸術院会員
1992年 文化功労者
1993年 寺井町に「浅蔵五十吉美術館」が開館
1996年 文化勲章を受章
1998年 死去

浅蔵五十吉の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では浅蔵五十吉の作品を高価買取しております。
もし浅蔵五十吉の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop