買取作家

北出塔次郎

きたで とうじろう

北出 塔次郎(きたで とうじろう、1898-1968)は日本の陶芸家。

大正11年石川県江沼郡勅使村で九谷焼の生地を作る北出家の養子となり 色絵を志した。

昭和2年商工省主催の工芸展に初入選、大阪美校に学んだ後、7年帝展に初入選した。

11年北出家に滞留した富本憲吉に師事。国画会展に出品しはじめ、13年会員となった。

また文展にも出品、16年と18年に特選、21年第1回日展でも特選となった。日展審査員を4回務め、34年評議員。

この間23年から金沢美術工芸専門学校(後の金沢美大)教授となり40年まで務めた。

37年には石川県陶芸協会会長。43年日本芸術院賞を受賞。

胃ガンのため療養先の富山県東砺波郡で死去した。享年70才。

北出塔次郎の代表的な作品

  • 「色絵蓮池文磁飾皿」
  • 「絵陶磁魚貝文平鉢」

北出塔次郎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では北出塔次郎の作品を高価買取しております。
もし北出塔次郎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop