買取作家

永楽善五郎

えいらく ぜんごろう

永樂善五郎(えいらく ぜんごろう)は、京焼の家元の一つ。千家十職の一つである「土風炉・焼物師」。代々、茶碗や土風炉等を制作。


初代から9代までは西村姓を名乗る。また、この頃は主に土風炉の制作を行っていた。10代以降は永樂を名乗り、土風炉に加えて茶陶を制作。


初代は奈良に住み、春日大社の供御器を制作していた。その後は堺の武野紹鴎の依頼により土風炉を制作。土風炉師・善五郎を名乗る。
2代は堺に住み、3代以降は京都に住む。「宗全」の銅印を小堀遠州の用命を受けた際にもらったため、9代までの作品には宗全印が捺用されている。


その後1788年の天明の大火のため、家屋敷や印章など失う被害を受けるが、10代の了全が再興。この再興には三千家の援助があり、以降は千家に出入りをするようなる。


11代の保全は1827年に徳川治寶の別邸西浜御殿の御庭焼開窯に招かれ、「河濱支流」の金印「永樂」の銀印を拝領。


現在は17代目であり、1944年に16代の長男として京都に生まれる。本名紘一。通称善五郎。東京芸大大学院工芸科を卒業し、1998年に17代永樂善五郎を襲名した。

永楽善五郎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では永楽善五郎の作品を高価買取しております。
もし永楽善五郎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop