買取作家

塚越仁慈

つかごし ひとじ

塚越 仁慈(つかごし ひとじ、1948(昭和23)年 - )は、昭和から平成時代に活躍する日本の洋画家である。静岡県伊東市出身。


画家を志し上京。武蔵野美術大学に入学するが中退。翌年の1971年に渡仏。フランスではジャン・ジャンセンに師事。また、この頃藤田嗣治に出会い影響を受ける。1972年、ル・サロンに出品後に帰国。


帰国後は1973年に太平洋展に出品。文部大臣奨励賞を受賞する。1976年には昭和会展に招待出品。その後も出品・受賞を重ね1988年には太平洋美術会理事に推挙される。また、フランスでも王朝芸術遺産賞受賞など、フランスと日本の芸術の橋渡し的存在となる。フランス以外にもスペインなどの取材旅行も行っている。一方で日本昭和村の自然を好んでおり、自身のアトリエを日本昭和村に持つ。日本の古き良き時代の風景の作品も残している。


写実的な風景画を得意とし、特に自らの原点でもある南ヨーロッパに何度も赴き、未だ気づいていない本当に描きたい何かを見付けるために出向き、制作活動を続けている。そんな塚越仁慈は南ヨーロッパに惹かれ、日本の風景も愛する画家として、現在でも活躍する芸術家である。近年では個展を中心に作品を発表している。



年表
1948(昭和23)年 静岡県で生まれる
1970(昭和45)年 武蔵野美術大学 中退
1971(昭和46)年 渡仏
          ジャン・ジャンセンに師事
1972(昭和47)年 ル・サロン出品
          帰国
1973(昭和48)年 太平洋展で文部大臣奨励賞受賞
1976(昭和51)年 昭和会展に招待出品
1979(昭和54)年 第14回現代日本美術展に出品
          太平洋展会員秀作賞受賞
1980(昭和55)年 安井賞展に出品
1984(昭和59)年 第80回記念太平洋展で内閣総理大臣賞受賞
1987(昭和62)年 北野美術館の作品買い上げ
1988(昭和63)年 太平洋美術会理事に推挙
2001(平成13)年 イタリアで個展開催
2002(平成14)年 風土会入会
2008(平成20)年 日西芸術交流祭で日西国際最優秀賞受賞
          文化親善名誉作家認定
2011(平成23)年 紺綬褒章受章

塚越仁慈の代表的な作品

  • 「川辺の片隅」
  • 「トスカーナの一軒家」

塚越仁慈の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では塚越仁慈の作品を高価買取しております。
もし塚越仁慈の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop