買取作家

高島野十郎

たかしま やじゅうろう

高島 野十郎(たかしま やじゅうろう)
・1890年〈明治23年〉8月6日~1975年〈昭和50年〉9月17日
・大正 - 昭和の画家。
独学で絵の道に入り、透徹した精神性でひたすら写実を追求。終生家族を持たず、画壇とも一切関わらず隠者のような孤高の人生を送った。
・本名彌壽(やじゅ)、字は光雄。
・福岡県出身
※晩年は千葉県柏市で個展など開くも、市内の病院に入院し、退院後は野田市の特別養護老人ホーム鶴寿園に入所。
心不全で亡くなる。享年86。
野田市海福寺で葬儀。市川市立霊園に五輪塔が建立され、「不娶 寡欲 画道専一」と刻印されている。

・経歴

福岡県久留米市で生まれ、足穂尋常小学校、御井高等小学校を経て県立明善中学に進む。そこで画家青木繁と友人になる。
高校は第八高等学校(名古屋市)に進学。そこの初代校長はのちに文部省視学官、東京音楽学校長、女子学院院長等を歴任する大島義脩であった。
高校卒業後は東京帝大農学部に進学する。「傷を負った自画像」は同大時代の作品とみらている。

1921年(大正10年)9月野十郎初の個展を開き、「椿」「けし」等を展示。
1924年(大正13年)二度目の個展を開く。
1929年(昭和4年)兄弟らの援助で北米経由欧州独・仏・伊へ留学する。
ルネサンス期の独アルブレヒト・デューラーや伊レオナルド・ダ・ヴィンチ、仏ミレーなどに感銘を受けたと言われている。
1935年(昭和10年)に博多・中洲で個展を開き滞欧作品全67点を展示。
東京の北青山に引っ越し、1937年(昭和12年)、1941年(昭和16年)と個展開催。

1960年(昭和35年)千葉県柏市増尾にアトリエを設ける。
ささやかな個展を開きながら東北、秩父など旅していた。

ロウソクの絵は高島野十郎のトレードマークである。
展示会などの数多く開催されており、人気のある画家である。




高島野十郎の代表的な作品

  • 「絡子をかけたる自画像」(福岡県立美術館蔵)
  • 「古池」
  • 「すいれんの池」(福岡県立美術館蔵)
  • 「からすうり」
  • 「菜の花」
  • 「雨 法隆寺塔」
  • 「壷とりんご」
  • 「蝋燭」
  • 「月」

高島野十郎の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では高島野十郎の作品を高価買取しております。
もし高島野十郎の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop