買取作家

菱田春草

ひしだ しゅんそう

菱田春草

菱田春草(ひしだ しゅんそう)1874年(明治7年)9月21日-1911年(明治44年)9月16日)は、明治期の日本の画家。

目時期の日本画の革新に貢献し、明治以降の日本の画家としては、重要文化財に一番多く指定されており人気が高い。

1874年、長野県伊那郡飯田(現・飯田市)に旧飯田藩士の菱田鉛治の三男として生まれる。1890年(明治23年)、東京美術学校(東京藝術大学)に入学。大観、観山の1学年後輩である。

美校での師は、狩野派の末裔である橋本雅邦であった。春草は大観、観山とともに、当時美校校長であった岡倉天心の強い影響下にあった。岡倉天心は過激な日本画改革論者であったため、批判するものが多く、東京美術学校校長を辞任した。

当時、美校の教師をしていた春草や大観、観山も天心と一緒に美校を去り、在野の美術団体である日本美術院の創設に参加した。

春草、大観らは、1900年(明治33年)頃から、従来の日本画では当たり前だった輪郭線をなくした無線描法を試みた。この実験的画法は世間の非難を呼び、「朦朧体」とからかわれたりもした。

その後、春草は1903年(明治36年)には大観と共にインドへ渡航。1904年(明治37年)には岡倉、大観とともにアメリカへ渡り、ヨーロッパを経て翌年帰国しました。

1906年(明治39年)には日本美術院の五浦移転と共に同地へ移り住む。大観、勧山らとともに制作を続ける。

1907年(明治40年)には「官」の展覧会である文展(文部省美術展覧会)の第1回展が開催。この時出品した、色彩点描技法を用いた「賢首菩薩」も手法の革新性のため、当時の審査員には評価されなかった。

その後、春草は網膜炎の治療のため、1908年(明治41年)には東京へ戻り、代々木に住んだ。代表作「落葉」は、代々木近辺の雑木林がモデルとなっている。

伝統的な屏風形式を用いながら、空気遠近法を用いて日本画の世界に合理的な空間表現を実現した名作である。

1911年(明治44年)、腎臓疾患(腎臓炎)のため死去した。享年37歳。伝統的な日本画の世界にさまざまな斬新な技法を導入し、近代日本画の発展に大きな貢献をした画家で、多くに人が早すぎた死を惜しんだ。

大観は、後に日本画の大家と褒められると、「春草の方が上手い」と答えた。また「(春草が)生きていれば自分の絵は10年は進んだ」とも残している。

菱田春草の代表的な作品

  • 「寡婦と孤児」
  • 「水鏡」
  • 「秋景(渓山紅葉)」
  • 「菊慈童」
  • 「雪後の月」
  • 「王昭君」
  • 「賢首菩薩」
  • 「紅葉山水」
  • 「落葉」
  • 「黒き猫」

菱田春草菱田春草菱田春草

菱田春草の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では菱田春草の作品を高価買取しております。
もし菱田春草の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop