買取作家

藤田嗣治

ふじた つぐはる

藤田嗣治

藤田 嗣治(ふじた つぐはる、1886年11月27日 - 1968年1月29日)は日本生まれの画家・彫刻家。

藤田嗣治は家老の家柄に次男として生まれた。母を早くに失い、畏敬する軍医の父(のちの軍医総監)は医者になることを望んでいたが、14歳の時、嗣治が画家になりたいと告げると、黙って画材を買うための大金を渡したという。
東京美術学校への入学するも、当時の師であった印象派の流れをくむ「紫派」の黒田清輝には、嗣治の暗くクラシックな趣の画風はまったく評価されなかった。

卒業後、最初の妻・登美子と駆け落ちしながらも、画業で生活を成り立たせることができなかった嗣治は、翌年期限付きの仕送りを得てパリへと向かう。
芸術の都で、日本では考えられないほど自由な表現と画家の地位が認められていることを知った嗣治は、日本人の自分がパリを魅了する絵描きになると強く心に誓う。
日本に残してきた登美子とパリで暮らすことを目標にしていたころ、第一次世界大戦が起きる。

灯火規制の中、ひたすら絵だけを追求する生活を通して、貧しいが、ようやくこの地で手ごたえを感じ始めていた嗣治は、父の仕送りを断り、成功するまで日本に戻らない意志を伝える。
最愛の登美子とも、どうにも避けられぬ別れを迎えることになる。

異国の地で傷心の中さらに絵に打ち込んだ。まだ芽を出す前の彼を喜んで支えた2番目の妻・フェルナンド、モディリアーニをはじめとする貧しいながらも志しの高い画家仲間との出会い、初めての個展でピカソに注目されたこと、日本では得られなかったこれらひとつひとつが、生きる糧となった。

そしてパリへ来て8年がたった1921年、サロン・ドートンヌで独特の「乳白色の肌」と精緻な表現が絶賛を集める。絵を焼いて暖をとるほどの貧しい生活の中、血の滲む努力で”素晴らしき乳白色の肌”と絶賛される独自の方法を生み出したのだった。

平滑で白いキャンバスの地に墨で描かれる陰影は、今でもどうやって描いたのかすべては解明されていない。日本人として世界とわたり合う覚悟を決めた藤田は、ようやく一躍パリの売れっ子へと躍り出たのだった。

戦前よりフランスのパリで活動、猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などが西洋画壇の絶賛を浴びたエコール・ド・パリの代表的な画家である。

フランスに帰化後の洗礼名はレオナール・フジタ。

藤田嗣治の代表的な作品

  • 「ジュイ布のある裸婦」
  • 「五人の裸婦」
  • 「舞踏会の前」
  • 「自画像」
  • 「カフェにて」

藤田嗣治の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では藤田嗣治の作品を高価買取しております。
もし藤田嗣治の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop