買取作家

板谷波山

いたや はざん

板谷 波山(いたや はざん 1872年4月10日 - 1963年10月10日)は、日本の陶芸家。本名は板谷 嘉七(いたや かしち)。号は、始め「勤川」、のち「波山」。「勤川」は故郷を流れる五行川の別名「勤行川(ごんぎょうがわ)」に、「波山」は故郷の名山である「筑波山」に因む。

日本の近代陶芸の開拓者であり、陶芸家としては初の文化勲章受章者である。理想の陶磁器づくりのためには一切の妥協を許さなかった。

日本の陶芸は縄文時代からの長い歴史をもつが、「職人」ではない「芸術家」としての「陶芸家」が登場するのは近代になってからであった。波山は、正規の美術教育を受けた「アーティスト」としての陶芸家としては、日本における最も初期の存在である。陶芸家の社会的地位を高め、日本近代陶芸の発達を促した先覚者として高く評価されている。

波山の作品には青磁、白磁、彩磁(多色を用いた磁器)などがあるが、いずれも造形や色彩に完璧を期した格調の高いもので、独自の創案によるものに葆光釉(ほこうゆう)という釉(うわぐすり)がある。
これは、器の表面に様々な色の顔料で絵付けをした後、全体をマット(つや消し)の不透明釉で被うもので、この技法により、従来の色絵磁器とは異なった、ソフトで微妙な色調や絵画的・幻想的な表現が可能になった。
波山は完璧な器形を追求するため、あえて轆轤師を使っていた。

初窯制作期の1903年(明治36年)から中国に招聘される1910年(大正9年)まで勤めた佐賀県有田出身の深海三次郎(ふかみ みつじろう)と、その後任に当たった石川県小松出身の現田市松がそれで、とりわけ現田は波山の晩年に至るまで半世紀以上にわたるパートナーであった。

「珍果文花瓶」は国の重要文化財に指定され、明治以降の陶磁器としては初めての国の重要文化財指定となった。
また、茨城県筑西市にある波山の生家は茨城県指定史跡として板谷波山記念館内で保存公開されている。

板谷波山の代表的な作品

  • 「葆光彩磁珍果文花瓶」
  • 「彩磁禽果文花瓶」
  • 「彩磁延寿文花瓶」
  • 「彩磁椿文茶碗」

板谷波山の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では板谷波山の作品を高価買取しております。
もし板谷波山の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop