買取作家

陳宝琛

ちん ほうちん

陳宝琛 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 陳宝琛 の作品を高く評価し買取しております。
もし 陳宝琛 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

陳 宝琛 (ちん ほうちん,1848-1935年) は、清代末の官僚・詩人・学者・書家・歴史家。字は伯潜、号は弢庵、陶庵、听水老人。諡号は文忠。

幼いころから高等教育を受けて育ち、大変優秀で13歳で秀才、18歳で科挙の挙人となる。
全閩師範学堂、現在の福建師範大学を創設。1909年、北京に召し出されて礼学館総纂大臣に就任。
1911年には宣統帝溥儀の帝師となるも、翌1912年に清朝が倒れ溥儀は退位。
陳宝琛はそのまま溥儀に従って紫禁城に居留し『徳宗実録』の編纂に従事。1921年に本紀が完成すると太傅の位を授かった。
この間、張勲復辟の際には議政大臣に推薦されている。
1923年には総理内務府大臣として鄭孝胥を推薦し、1925年に溥儀が紫禁城を退去し天津に赴くとこれに従った。
軍事・外交など朝廷の重要事案に貢献し、歴史上非常に評価が高い。
蔵書家として知られ、皇帝から賜った書籍を含め10万冊を有していたといわれる。

※日本では陳宝深と表記されることもある

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop