買取作家

胡蘭成

こらんせい

胡蘭成 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 胡蘭成 の作品を高く評価し買取しております。
もし 胡蘭成 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

胡蘭成

胡蘭成(こ らんせい、1906年~1981年)は中国浙江省出身。作家・思想家・書家・政治家。本名は胡積蕊。

浙江省に生まれる。燕京大学を国民革命軍の北伐中に中退後、やがて政治に関わり、汪兆銘政府法制局長官に就くも、汪と意見の対立により辞職。ジャーナリストとして漢口大楚報社長をつとめた。
中国の著名な小説家・張愛玲と1944年に結婚するも1947年に離婚し、1950年に日本に政治亡命。上海黒社会の大物呉四宝の未亡人であった佘愛珍と再婚した。
1974年、台湾の中国文化学院(現在の中国文化大学)で教授に就き永世教授の称号を受ける。胡蘭成が教鞭を執ったことで、特に大きな影響を与えたのは「三三社」派である。作家の朱西寧は敬慕する胡蘭成との面会のために文化学院へ訪れ、その娘朱天文、朱天心も追随するように三三派の中核を担うこととなる。
1976年、台湾を離れ、再度日本へ亡命。日本では筑波山に居を構え、数学者の岡潔や物理学者の湯川秀樹、日本浪曼派の保田與重郎、川端康成等々と親交を結んだ。
1981年7月、東京都福生市で逝去。葬儀には福田赳夫、宮崎輝、宮田武義、保田与重郎、松尾三郎、幡挂正浩、桑原翠邦、赤城宗德など政界各界からの面々が参列した。

代表作に《今生今世》、《山河歳月》、《禅是一枝花》、《中国文学史活》などがある。

胡蘭成 の代表的な作品

  • 「中国のこころ」
  • 「今世今生」
  • 「建国新書」
  • 「日本及び日本人に寄せる」
  • 「禅是一枝花」
  • 「天と人との際」
  • 「新学社近代浪漫派文庫/岡潔・胡蘭成」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら