廖仲愷りょう ちゅうがい

    廖仲愷の買取

    廖仲愷の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    廖 仲愷(りょう ちゅうがい、1877年-1925年)は清末民初の革命家・政治家。書など墨跡を残す。
    仲愷は字で、名は恩煦。別名に夷白。筆名に屠富、淵実。
    中国民主革命の先駆者で、中国国民党左派の指導者として知られる。
    代々は広東省恵州府帰善県。兄は廖鳳書。妻は何香凝。子は廖夢醒、廖承志。

    1877年4月23日 アメリカ合衆国サンフランシスコで、客家の銀行員の家庭に生まれる。
    1893年(光緒19年)に母を伴って帰国。
    1897年(光緒24年)10月、叔父の紹介により香港の事業家の娘である何香凝と結婚。
    1902年(光緒28年)に日本へ留学し、早稲田大学経済予科を経て中央大学政治経済科に入学。
    廖仲愷を追うように、翌年に何香凝も日本へ留学。日本女子大学校(現日本女子大学)予科を経て、女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)予科に入学。後に私立女子美術学校(現女子美術大学)に転入、田中頼章の下で絵画を学び、画家としても作品を残す。
    1911年(宣統3年)10月、武昌起義(辛亥革命)勃発。広東に戻り広東省軍政府総参議兼理財政となる。
    1913年(民国2年)8月、第二革命(二次革命)に失敗し、孫文と共に日本へ亡命する。
    1925年(民国14年)3月に孫文が逝去するが、その後も連ソ・容共・労農援助の三大政策を支持し、中国国民革命の発展を推し進める。しかし、国民党内の主導権をめぐり、反共右派との対立が激しくなっていく。
    同年8月20日、広州での国民党中央常務会議に出席。門前で突然刺客に襲撃、暗殺された。享年49(満48歳)であった。

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    廖仲愷を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法