劉凌滄りゅうりょうそう

    劉凌滄の買取

    劉凌滄の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    劉凌滄(りゅうりょうそう、1908年-1989年)、中国河北省固安出身。本名劉恩涵、字凌滄。中国画家、美術教育家。彩色人物画で有名。

    中国画研究に生涯を費やし、工筆重彩人物画をよくし、古典歴史画や宮廷仕女図を得意とした。
    後に、黄均、范曾、劉大為、李延声、馬泉、胡勃など多くの弟子の育成に力をいれ、中国美術界を牽引した。
    代表作に《赤眉郡起義図》、《淝水の戦》、《文成公主》などがある。

    幼年期から自然と絵を学び始め、1926年北京中国画学研究会に入会。徐燕荪や管平湖に彩色人物画を学び、厳格に伝統技法の訓練を受ける。後に北平芸術専科学校に入学。本格的な絵画創作活動を始めるとともに、《芸林旬刊》、《芸林月刊》の編集に携わる。後年、1933年~1937年には北平芸術専科学校で教鞭を執り、京華美術学院では教授に就く。1949年民族美術研究所に入所し、翌年からは中央美術学院で講師や教授などを務める。中国美術協会員、北京工筆重彩画会名誉会長、北京中国画研究会顧問、中央美術学院教授などを歴任した。

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    劉凌滄を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法