買取作家

劉春霖

りゅう しゅんりん

劉春霖 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 劉春霖 の作品を高く評価し買取しております。
もし 劉春霖 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

劉 春霖(りゅう しゅんりん、1872年-1944年)、中国清末民初の官僚、書道家。字は潤琴、号は石雲。中国史上最後科挙で状元となった官僚であるが、詩・書・絵に造詣が深く、書道をよくし、特に小楷を得意とした。

1904年(清德宗光绪三十年)官僚登用試験である科挙甲辰科で主席(状元)となる。その後、翰林院により日本へ派遣され、東京法政大学で研究に没頭する。
1907年(光绪33年)帰国すると、咨政院議員、福建提学使、直隷法政学校提調、北洋師範学校監督等を歴任する。
辛亥革命後、隠居生活をするが、1914年(民国3年)袁世凱に召集され大総統府内史(秘書長)に就き、中央農事試験場と直隶高等学堂学監等を務める。
その後歴代総統 黎元洪、馮国璋、徐世昌、曹锟に仕えるが、軍閥混戦、内部闘争、政治腐敗で乱れた内政に憤慨し、1928年(民国17年)政局から身を引く。北平へ隠居し、詩や書に親しんだ。

博学多才、古文学・史学や金石学などの方面において大変造詣が深い。その書法は品行方正、館閣体の典型である。小楷を得意とし、その筆は清秀で力強く、端正で重厚である。現在に至っても“大楷は顔真卿に学び、小楷は劉春霖に学ぶ”といわれる。伝来作品には、隶、真、行、楷などすべてに長けており、アメリカの美術館で多くの作品を見ることができる。
出版した小楷字帖には《大唐三藏聖教序》、《文昌帝君陰骘文》、《閑邪公家传》、《蘭亭序》、《霊飛経》など多種に渡る。

劉春霖は心臓を患い、有効な薬がなく、1944年1月18日北京にて死去。河北保定市に埋葬された。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら