小堀遠州こぼり えんしゅう

    小堀遠州の買取

    小堀遠州の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    小堀遠州(こぼり えんしゅう,1579年-1647年)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名であり茶人・書家・建築家。小堀政一。備中松山藩第2代藩主、のち近江小室藩初代藩主となる。

    近江国坂田郡小堀村の土豪、小堀正次の子として生まれる。豊臣秀吉の小姓として給仕をつとめ、利休や黒田如水と親交を深める。古田織部に茶道を学び、その大名茶を引き継ぎ確立させたばかりでなく、書・華・建築・造園にも深い造詣をもち、国焼諸窯の発展にも大きく貢献した。茶の湯では和歌や定家の書を学び、王朝文化の美意識を茶道に取り入れ、その茶の湯は「きれいさび」と称される。生涯に四百回もの茶会を開き、招かれた人々は延べ二千人にも及ぶといわれ、大名・公家・旗本・町人などあらゆる階層の人々に茶を広めた。

    小堀遠州の代表的な作品

    • 「慶長御尋書」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    小堀遠州を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法