買取作家

千宗旦 買取強化中

せん の そうたん

千宗旦 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 千宗旦 の作品を高く評価し買取しております。
もし 千宗旦 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

千 宗旦(せん の そうたん、1578年2月7日(天正6年1月1日) - 1658年12月19日(万治元年11月19日))は茶人。元伯宗旦・咄々斎。利休の孫、千少庵の長男、母は利休の娘、少庵の京千家を継いだ。千家3代。宗旦流(三千家)の祖。

少庵の子として生まれた宗旦は、10歳で祖父・利休の希望で大徳寺に渇食として侍した。これは父・少庵が利休の後妻の連れ子だったことから、家督争いを避けるために入れられたと言われている。春屋宗園のもとで禅の修行を積み、得度した。「少庵召出状」を受け、京に戻ることが赦された少庵は千家再興を叶えると、宗旦を還俗させ、茶の湯の普及に努めた。『茶話指月集』によると、この頃に豊臣秀吉が利休から召し上げた茶道具を、宗旦を名指しし返したことから、伯父の道安ではなく宗旦が利休の後継者と目されるようになったとも言われているが定かではない。
1600年(慶長5年)頃、少庵が隠居したのに伴い、家督を継ぐ。祖父が豊臣秀吉により自刃に追い込まれたことから、自ら政治との関わりを避け、生涯仕官はしなかった。反して子供たちには出仕させ交流を広めており、長男宗拙と四男宗室を加賀藩前田家に、次男宗守を高松松平家に、三男宗左を紀州徳川家に仕えさせた。久田家との姻戚関係が出来たのも宗旦の時代である。
後に勘当された宗拙を除く3人の息子がそれぞれに武者小路千家を一翁宗守、表千家を江岑宗左、裏千家を仙叟宗室を興した。これら3家は、「三千家」として現代まで続いている。

清貧に甘んじて利休のわび茶精神を極めんとした宗旦は、「乞食宗旦」と呼ばれるほど質素に徹した生活に終始した。その宗旦が残した好みものからもその精神が偲ばれる。有名なものに、のんこうの楽、飛来一閑の一閑張りなどあるが、素材を生かした質素な道具が多く、それらを作る職人・千家十職にも指導をし、利休好みのものを作れる職人を重用した。茶室では、「墨跡は掛けず」「花も掛物も不要」とした床なしの一畳半をつくり、究極のわび茶の精神を表現した。

千宗旦 の代表的な作品

  • 「茶杓 数入」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら