買取作家

夏目漱石 買取強化中

なつめ そうせき

夏目漱石 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 夏目漱石 の作品を高く評価し買取しております。
もし 夏目漱石 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

夏目漱石

夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年-1916年)は明治から大正時代に活躍した日本の小説家、評論家、英文学者である。

1867年の2月9日江戸の牛込馬場下横町に名主夏目小兵衛直克と後妻千枝の末子として生まれる。名は金之助。母親は子沢山の上に高齢で出産した事を恥じており、夏目漱石は生後間もなくして里子に出される。その後一度実家へ連れ戻されたが、後に塩原昌之助のところへ養子に出された。しかし、塩原昌之助の女性問題が発覚し、養父母が離婚となった事で生家に戻る。この事がきっかけで夏目漱石の籍は塩原家にあり、実父と養父との間で対立があった。その後21歳まで夏目家に復籍する事ができなかった。養父母との関係は、後の自伝的小説『道草』の題材になっている。
その後1883年英語を学ぶため、神田駿河台の英学塾成立学舎入学。翌年大学予備門予科に入学。大学予備門時代の下宿仲間には後の満鉄総裁になる中村是公がいる。予備門時代の漱石は「成立学舎」の出身者らを中心に、中村是公、太田達人、佐藤友熊、橋本左五郎、中川小十郎らとともに「十人会」を組織する。
1889年には同窓生として漱石に多大な文学的・人間的影響を与えることになる俳人・正岡子規と初めて出会い俳句を学ぶ。帝国大学英文科を卒業すると愛媛県尋常中学校の教師や熊本第五高等学校の教授などを務め、その後の1903年にイギリスへ留学。
1906年に帰国。帰国後は、前任者の小泉八雲をおしのける形で東京帝大英文科で日本人として初めて講師となる。「文学論」「文学評論」、シェイクスピアなどを講じた。しかし責した生徒の一人が入水自殺をしてこの世を去った事で神経衰弱に陥り、妻と別居する。高浜虚子の勧めで精神衰弱を和らげるため処女作となる『吾輩は猫である』を執筆。子規門下の会「山会」で発表され、好評を博す。1905年に雑誌『ホトトギス』に発表。回の読み切りとして掲載されたが、好評のため続編を執筆。
この頃から、作家として生きていく事を決意し、「倫敦塔」「坊っちゃん」と立て続けに作品を発表。人気作家としての地位を固めていく。また、朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。
作家として名が知られるようになると夏目漱石の家には小宮豊隆、鈴木三重吉、森田草平などが出入りするようになる。鈴木三重吉が毎週の面会を木曜日と定めた事から「木曜会」の発足に繋がる。内田百閒、野上弥生子、芥川龍之介、久米正雄などの小説家や寺田寅彦、阿部次郎、安倍能成などの学者が門下となる。
その後「門」を執筆途中に胃潰瘍で大吐血を起こし、生死の間をさまよう危篤状態となる。一命を取り留めるが、死を体験した夏目漱石の作品はその影響を受けた作風へと変化する。
胃潰瘍や神経衰弱に悩まされながらも、作品を書き上げる。しかし「明暗」執筆途中に、胃潰瘍により1916年12月9日死去。

年表
1867年 東京都で生まれる
1868年 塩原昌之助の養子となる
1876年 生家に引き取られる
1888年 復籍
1889年 正岡子規と交友
    「漱石」の号を用いるようになる
1890年  第一高等中学校本科を卒業
    東京帝国大学英文科に入学
1892年  東京専門学校の講師となる
1893年 帝国大学卒業、大学院に入学
1895年 松山中学に赴任
1896年 熊本県の第五高等学校講師となる
1900年 英国へ留学
1903年 帰国後、第一高等学校、東京帝国大学の講師に就任
    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』などを発表
1907年 朝日新聞社に連載作家として入社
1910年 『門』の執筆途中胃潰瘍で倒れ、修善寺で療養
1912年 『彼岸過迄』『行人』を連載
1914年 『こゝろ』を連載
1916年 胃潰瘍が悪化 12月9日に逝去

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い
夏目漱石

夏目漱石

夏目漱石 最新の買取実績

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら