大山忠作おおやま ちゅうさく

    大山忠作について

    大山忠作の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    大山 忠作(おおやま ちゅうさく 1922年5月5日 - 2009年2月19日)は、日本画家。
    福島県で染物業を営む家に次男として生まれる。父は大山豊治、母はきく。


    幼少期は自然の豊富な環境で過ごす。二本松第二尋常高等小学校卒業後に上京。上京後は東京美術学校に入学。日本画を学ぶが、戦争の影響により1943年に繰り上げで卒業。戦地へ向かう。


    終戦後は復員。再び画家を目指し、第2回日展で「O先生」を初出品・初入選を果たす。また、日本画研究団体の「一采社」に参加し、山口蓬春に師事する。以降は日展を中心に活躍し、多数の賞を受賞。日展常務理事を務める。


    人物画や、花鳥、風景、宗教的作品など幅広い題材で、中でも鯉を得意とした。一方で、古典研究にも精通。成田山新勝寺襖絵や聖徳太子堂壁画制作にも携わった。


    文化功労賞・文部大臣賞・日本芸術院賞などを受賞。1996年には勲三等瑞宝章を受章。1986年に日本芸術院会員となった。



    年表
    1922年 福島県に生まれる
    1943年 東京美術学校 卒業
    1947年 第2回日展に「O先生」を出品 初入選
        山口蓬春に師事
    1952年 第8回日展に「池畔に立つ」を出品 特選、白寿賞、朝倉賞受賞
    1955年 第11回日展で「海浜」を出品 特選
    1962年 銀座で初の個展開催
    1967年 法隆寺金堂壁画再現模写に従事
    1973年 日本芸術院賞 受賞
    1984年 大山忠作襖絵展
    1986年 日本芸術院会員
    1992年 成田山聖徳太子堂壁画展
        日展理事長
    1996年 勲三等瑞宝章 受章
    1999年 文化功労者 日展常務理事。
    2005年 日展会長
    2006年 文化勲章 受章
    2009年 死去

    大山忠作の代表的な作品

    • 「五百羅漢」
    • 「池畔に立つ」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    大山忠作を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法