買取作家

奥田元宋

おくだ げんそう

奥田元宋 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 奥田元宋 の作品を高く評価し買取しております。
もし 奥田元宋 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

奥田元宋

奥田 元宋(おくだ げんそう、1912年(明治45年)6月7日 - 2003年(平成15年)2月15日)は、日本画家、日本芸術院会員。「元宋の赤」といわれる独特な赤色が特徴。本名は奧田 嚴三(おくだ げんぞう)。妻の奥田小由女は人形作家、日本芸術院会員。

1912年(明治45年)- 広島県双三郡八幡村(現・三次市吉舎町八幡)に生まれる
1931年(昭和6年)- 上京し遠戚の児玉希望に師事、一時期脚本家を目指して児玉門を飛び出し、その後戻るが外弟子に降格される
1936年(昭和11年)- 文展の鑑査展に「三人の女性」が初入選、小由女が大阪で生まれる
1937年(昭和12年)- 児玉希望画塾第1回展に「舞踏場の一隅」で塾賞受賞、号を元宋とする
1938年(昭和13年)- 第2回文展に「盲女と花」が特選になる
1944年(昭和19年)- 戦争の激化に伴い広島に疎開
1949年(昭和24年)- 第5回日展で「待月」が特選と白寿賞に
1962年(昭和37年)- 第5回新日展で「磐梯」が文部大臣賞、文化庁買上げになる
1963年(昭和38年)- 「磐梯」により日本芸術院賞受賞[1]。
1973年(昭和48年)- 日本芸術院会員に推挙
1974年(昭和49年)- 日展常任理事に就任
1981年(昭和56年)- 宮中歌会始に出席、真言宗大聖院の本堂天井画「龍」を制作、文化功労者に選ばれる
1984年(昭和59年)- 文化勲章受章
1989年(平成元年)- 広島県名誉県民に
1995年(平成7年)- 日本芸術院第一部(美術)部長
1996年(平成8年)- 銀閣寺の庫裏、大玄関・弄清亭障壁画が完成
2003年(平成15年)- 死去
2006年(平成18年)- 広島県三次市東酒屋町に奥田元宋・小由女美術館が開館

奥田元宋 の代表的な作品

  • 「松島暮色」
  • 「湖畔春耀」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら