小泉淳作こいずみ じゅんさく

    小泉淳作について

    小泉淳作の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    小泉淳作

    小泉淳作(こいずみ じゅんさく、1924年10月26日 - 2012年1月9日)は日本画家、陶芸家。特定の画壇に属さない独自の画風で知られる。

    1924年、鎌倉市に政治家小泉策太郎の七男として生まれる。

    慶応大学文学部予科に進学するも中退し、1943年東京美術学校日本画科に入学して山本丘人に師事する。

    1944年、学徒出陣で召集され、前橋の予備士官学校へ行くが、肺病にかかって伊豆で療養生活を送っているあいだに終戦を迎える。

    闘病生活を終えてから復学し、1952年東京藝術大学日本画科を卒業。デザイナーの職につく。

    1962年頃、陶芸製作を始める。

    石油ショックを機にデザイナーとしての仕事がほとんどなくなり、陶芸の活動の比重が高くなる。

    1974年にデザイナーを辞め、画家として本格的に活動を始める。

    2000年、鎌倉・建長寺法堂天井画「雲龍図」完成。

    2002年、京都・建仁寺法堂天井画「双龍図」完成。

    2010年、奈良・東大寺本坊襖絵完成。

    2012年1月9日に肺炎のため死去。享年87。

    小泉淳作の代表的な作品

    • 「雲龍図」
    • 「双龍図」
    • 「東大寺別当清水公照師像」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    小泉淳作を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法