買取作家

中村貞以

なかむら ていい

中村貞以 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 中村貞以 の作品を高く評価し買取しております。
もし 中村貞以 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

中村貞以(なかむら ていい、1900-1982年)は大正から昭和時代に活躍した日本画家である。

1900年7月23日大阪・船場で鼻緒問屋を営む中村清助の第四子として生まれる。本名清貞。2歳の時に両手に火傷を負って指先の自由を奪われ、両手に挟んで絵を描く「合唱描法」を編み出し、不自由な手で描いたとは思えないほどの人物画、風景画を描いている事で知られている。両親は将来太夫にするつもりで、浄瑠璃を習わせたが、幼少期より習字や絵に才能を発揮。


1909年には近所に住んでいた浮世絵師長谷川貞信に絵の手ほどきを受け、1919年日本美術院同人の美人画家北野恒富に入門する。翌年の1920年には第6回大阪美術展で「微笑」が初入選、デビュー作となり、1922年の同展で「お玉」が第一席となる。また、院展でも活躍を見せ、1924年第9回試作展(現在の院展)に「仙女」が初入選、第一席を受賞した。1932年の第19回院展では「朝」が日本美術院賞第一賞を受賞。画家として地位を確立し、画塾・春泥会を結成し、後進の指導にもあたるようになる。その後も現代風俗を扱った清新な作品を発表し、1936年には同人となる。


また、北野恒富が主宰する白燿社にも出品。1934年には自ら画塾春泥会を結成、主宰者となった。
戦後も院展での出品を続け、典麗清雅な趣をたたえる美人画が生まれた。1958年には日本美術院評議員をつとめる。その後も1960年第45回院展「双婉」が文部大臣賞受賞。1966年には日本芸術院賞を受賞し、美人画の第一人者としての地位を確かなものとする。


院展での活躍を見せる一方で、1951年檀一雄の連載小説『真説石川五右衛門』(新大阪新聞)の挿絵の担当や、1970年には真宗大谷派難波別院本堂余間の襖絵「春・得度の図、秋・往生の図」を手掛けるなど手が不自由というハンデを感じさせない画家であった。


1982年3月12日午後11時40分腎不全と敗血症のため、大阪市阿倍野区の大阪市立大学付属病院で死去。享年81。



年表
1900年 大阪に生まれる
1911年 大阪市南区大宝寺小学校卒業
1916年 私立大阪経理学校語学部(英語科)中退
1919年 北野恒富に師事
1920年 大阪美術展で「微笑」が初入選
1922年 大阪美術展で「お玉」が第一席となる
1924年 春の院展で初入選、第一席を受賞
1932年 院展で「朝」が日本美術院賞を受賞する
1934年 画塾春泥会を結成
1936年 日本美術院同人推挙される
1948年 日展審査員をつとめる
1951年 「真説石川五右衛門」の挿絵を担当
1958年 日本美術院評議員をつとめる
1960年 院展で「双婉」が文部大臣賞を受賞
1966年 日本芸術院賞を受賞
1970年襖絵「春・得度の図、秋・往生の図」を手掛ける
1972年 勲四等旭日小綬章を受章する
1977年 横山大観記念館理事をつとめる
国立国際美術館評議員となる
1978年 日本美術院理事となる
1982年 3月12日逝去

中村貞以 の代表的な作品

  • 『猫』、『酸漿(ほおずき)』 など

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら