粟田口国友あわたぐちくにとも

  • 刀工

粟田口国友の買取

粟田口国友の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

粟田口国友 (あわたぐちくにとも) は、鎌倉時代初期・建久の刀工。粟田口六兄弟の長男。藤林左衛門尉。後鳥羽院御番鍛冶。子に則国、孫に国吉、曾孫に三作藤四郎吉光がいる。

粟田口派は鎌倉時代初期から室町時代の南北朝時代初期にかけて活躍した刀工一派で、《宇治拾遺物語》に〈粟田口の鍛冶〉と記されるほど、多くの著名な刀工を輩出した。古来から作刀されていた山城国を拠点とし、「来派」と並び京都の二大流派と言われている。開祖は父國家とされるが、現存刀が発見されていないため、実質的にその嫡男国友がであるが開祖とされている。国家には6人の子がおり、通称粟田口六兄弟とよばれた。
国友は、後鳥羽院にの名により諸国の名工を集め、一ヵ月交代で御所に勤番する御番鍛冶に召される。久国・国吉・国綱ら弟たちも御番鍛冶に召され、国友は六月番についていた。

現存作は極めて少なく、重要文化財に指定された、太刀 銘国友は熱田神宮に奉納されている。神宮の宝物台帳には「熱田太神宮奉納太刀」「嘉吉元年十二月日大宮司千秋民部少輔藤原朝臣季貞」と記されており、藤原の名がうかがえる。そのほかに重要美術品が一口、在銘品が一口確認されるのみであることから、國友の遺作は数多の古作太刀及び粟田口派の中でも最も稀少である。

粟田口国友の代表的な作品

  • 太刀 銘国友

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

粟田口国友を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法