買取作家

古備前友成 刀工

こびぜん ともなり

古備前友成 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 古備前友成 の作品を高く評価し買取しております。
もし 古備前友成 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

友成 (ともなり) は、平安時代中・後期の備前で正恒と並んで古備前派を代表する名工。父実成とともに一条天皇の剣を鍛えた。最古の代表作、名物「鶯丸」太刀は御物である 。

友成は古備前を代表する刀工であり、古伝書にはその時代を永延 (987-989年) 頃と伝える。古備前とは、備前の刀工のなかでも時代のさかのぼるものを指す総称である。友成銘の現存刀には「備前国友成」「備前国友成造」のような長銘のものと、「友成」「友成作」のような二字銘ないし三字銘のものがある。前者の代表は御物の鶯丸太刀 (銘備前国友成) と東京国立博物館蔵の太刀 (銘備前国友成造) 、後者の代表は厳島神社の太刀 (銘友成作) で、前者のほうが時代が上がるとみられる。これらとは別に鎌倉時代の嘉禎 (1235-1238年) の年紀を有する作刀もあり、異なった時代に同名の刀工が複数存在したとみられる。

鶯丸太刀は作風から10世紀末〜11世紀初の作とみられ、刀工の個名のわかる日本刀としてはもっとも古いものの一つである。一方、平宗盛奉納の社伝のある厳島神社の太刀は、作風から鶯丸と同時代とは考えがたく、12世紀の作とみられる。高照神社の太刀、喜多院の太刀などは、厳島の太刀よりさらに年代が下がるとみられる。嘉禎銘の作刀としては静嘉堂文庫美術館の太刀と個人蔵の太刀がある。いずれも「嘉禎」の銘字を磨り消しているが、古い押形 (光山押形など) によって元は嘉禎の年号があったことがわかる。

古備前友成 の代表的な作品

  • 鶯丸
  • 太刀 銘友成

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら