買取作家

芝田米三

しばた よねぞう

芝田米三 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 芝田米三 の作品を高く評価し買取しております。
もし 芝田米三 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

芝田 米三(しばた よねぞう、1926(大正15)年9月12日-2006(平成18)年5月15日)は、昭和から平成時代に活躍した日本の洋画家である。京都市中京区に生まれる。洋画家の芝田耕は実兄。


1939年に京都商業学校入学。今井憲一に師事し油絵を学ぶ。戦後の1945年に独立美術京都研究所に入り、須田国太郎に師事。1947年の第15回独立展に「紫野」を出品し初入選を果たす。以後出品を重ね、1950年には第18回独立展で「兄の像」「木の間風景」を出品し独立賞を受賞。同年、サロン・ド・プランタン賞を受賞する。その後も独立展で受賞を重ね、1953年独立美術協会準会員、1958年独立美術協会会員に推挙。独立展を代表する画家となり活躍する。


個展の開催も行い、日本だけでなく海外での個展も開催。連盟評議員としてブラジルとの美術交流を務め、1975年にブラジル・サンパウロ州議会より騎士賞を授与される。その後も制作活動を続け。京都府文化功労賞や独立美術協会功労賞などを受賞。1994年には日本芸術院賞を受賞し、日本芸術院会員となる。


独立展を中心に活動し、海外でも個展を開催するなど活躍を見せた芝田は2006年に胃がんのため死去した。また、同年秋の独立展から芝田米三賞が設けられた。


初期の作品は人間や動物など生命を表現した作品であったが、渡欧してからは女性像を中心に制作。キリスト教的な作風を展開した。



年表
1926(大正15)年 京都に生まれる
1939(昭和14)年 京都商業学校 入学
1945(昭和20)年 独立美術京都研究所に入る
          須田国太郎に師事
1947(昭和22)年 第15回独立展に「紫野」を出品 初入選 
1950(昭和25)年 第18回独立展に「兄の像」「木の間風景」を出品 独立賞受賞
          サロン・ド・プランタン賞 受賞
1953(昭和28)年 独立美術協会準会員
1957(昭和32)年 第一回安井賞展 入選
1958(昭和33)年 独立美術協会会員
1963(昭和38)年 第7回安井賞展に「樹下群馬」を出品 安井賞受賞
1965(昭和40)年 渡欧
1966(昭和419年 第34回独立展に「ナザレの語り」を出品 G賞受賞
1975(昭和50)年 ブラジル・サンパウロ州議会より騎士賞授与
1989(昭和64)年 京都府文化功労章 受章
1993(平成5)年 独立美術協会 功労賞
1994(平成6)年 京都市文化功労賞 受賞
          日本芸術院賞 受賞
          日本芸術院会員
1999(平成11)年 勲三等瑞宝章 受章
2006(平成18)年 死去

芝田米三 の代表的な作品

  • 「楽聖讃歌」
  • 「木の間風景」
  • 「収穫」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop