中国美術買取

玉 帯鉤

帯鉤(たいこう)とは、中国の戦国時代から漢代にかけて、主として革帯を締めるために用いられた鉤(かぎ)状の帯金具です。
帯鉤はその用途だけでなく、上流階級の男性が身につける装身具としても重要な位置におかれました。
権力者などは贅沢な装飾のものを好み、地位や権力を象徴するかのようにその意匠を競いました。
そのため、青銅製・鉄製のほか、玉製・骨などもあり、金・銀・象嵌などが施され、素材・デザインは多彩です。

買取の品は獣頭玉製帯鉤です。美しい白い玉に文様の彫刻が施された一品です。

古美術永澤では、中国の装身具・装飾品の買取を強化しています。
帯鈎、玉珮、如意など彫刻をほどこされた品がございましたら、古美術永澤にお問い合わせください。

中国美術買取の買取実績一覧に戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら