買取作家

米フツ

べいふつ

米フツ の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 米フツ の作品を高く評価し買取しております。
もし 米フツ の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

米フツ

米フツ(べい ふつ、皇祐3年(1051年) - 大観元年(1107年))は、中国の北宋末の文学者・書家・画家・収蔵家・鑑賞家であり、特に書画の専門家として活躍した。

初名は黻、字は元章(げんしょう)、官職によって南宮(なんぐう)、住拠によって海岳(かいがく)と呼ばれ、号は襄陽漫仕(じょうようまんし)・海嶽外史(かいがくがいし)・鹿門居士(ろくもんこじ)などがあり、室名を宝晋斎といった。

子の米友仁に対して大米と呼ぶ。湖北襄陽の人で、後に潤州に居を定めた(現在の江蘇鎮江)。

母が宣仁皇后に仕えたため科挙によらず官途につき、晩年書画学博士となった。

石を愛し、奇石を拝し、極端に潔癖で奇行も多かったため、米顛(べいてん)、米痴(べいち)ともよばれた。

画は「米法山水(べいほうさんすい)」という新しい画風を生み出した。

伝統的な、細く均質精確な輪郭線から離れ、暈(ぼか)しを用い、その上に筆を横にして墨を平たく置く独創的な墨点「米点(べいてん)」を加えたものである。

絵画に新局面を開いた米は、一方でまた辛辣(しんらつ)な絵画批評家でもあり、書画骨董(こっとう)の名品を収蔵し、徽宗(きそう)御府の書画の鑑定も行った。

書は王羲之(おうぎし)を学び、蔡襄(さいじょう)、蘇軾(そしょく)、黄庭堅(こうていけん)とあわせて宋の四大家と称された。

米フツ の代表的な作品

  • 「草書四帖(じょう)」
  • 「蜀素(しょくそ)帖」
  • 「真跡三帖」
  • 「宝章待訪録」
  • 「画史」
  • 「書史」
  • 「硯史」
  • 「宝晋栄光集」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら