買取作家

趙之謙

ちょうしけん

趙之謙 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 趙之謙 の作品を高く評価し買取しております。
もし 趙之謙 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

趙之謙

趙之謙(ちょうしけん、1829年7月9日 - 1884年10月1日)は、書家、画家、篆刻家。字は益甫、撝叔。号は冷君、悲盦、梅庵、无悶、憨寮などがある。近代芸術家に多くの人影響を与えている。浙江省紹興出身。

少年期、家は落ちぶれていたが蔵書はたくさんあり金石学を好んで学んだ。20歳に秀才になった翌年、太平天国の乱により、科挙の受験は中断された。この間に、家を失い、長年収蔵されてきた文物を失うこととなる。塾の講師をして何とか生計を立て、杭州の按察使繆梓の誘われ幕客となった。

1859年に挙人となり、科挙を受験するが何度も落第した結果、科挙による出世を諦めた。北京で潘祖蔭と知遇を得て43歳の時、劉坤一にゆだねられ、「江西省史」の総編集に推薦される。鄱陽県の知県になった1876年、大洪水に見舞われ人々の為に尽力し、病を患う。ついで奉新県、南城県に転任、任地で没した。

文人画は10代で学び始め、徐渭らに師事して独自の画風を確立し、金石学からは、書の古法を得て篆書、隷書に優れそこに草書法を加えて今までにない書であった。また水墨画の伝統を踏まえ画と書を一体と仮定した。篆刻は、浙派、徽派と両派の区別なく良いところを学んだ。

金石文を深く研究し、秦、漢の篆書以外にも範囲を広げ魏晋南北朝の時代を取り込み、硬直化した篆刻芸術に新様式をうちたてた。彼の一派は新浙派と呼ばれた。簡単に印を売ることはしなかったので作品数は少ない。友人の魏錫曽、沈樹鏞、胡澍などが彼の印を多くもっている。

趙之謙 の代表的な作品

  • 「六朝別字記」
  • 「補寰宇訪碑録」
  • 「国朝漢学師程続記」
  • 「悲盦居士文存」
  • 「悲盦居士詩謄」
  • 「二金蝶堂印譜」
  • 「勇廬間詰」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら