呉熙載ごきさい

    呉熙載の買取

    呉熙載の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    呉熙載(ごきさい/呉譲之 1799年 - 1870年)は、中国清朝後期の篆刻家・書家である。
    号は言菴・方竹丈人・晩学居士・譲翁、堂号を師慎軒・珍賀軒・震天咎斎。本籍は江蘇儀徴だが揚州で生まれ育つ。

    幼い頃から印章を好み、15歳のときから漢印をひたすら模刻し、20歳のとき父の人相見の客となった包世臣の所有する鄧石如の篆刻作品を見て強い衝撃を受けた。
    以来、包世臣に師事し30年ほど就いて書と篆刻を学び、並外れた天分を示した。
    金石に精しく碑帖の模刻をよく行い、特に高鳳翰の『硯史』を刻して世に伝えた。

    画は花卉画を得意とし、篆刻は鄧石如に私淑し師法を遵守しながらも独自の小粋なスタイルを生んだ。

    55歳のとき太平天国の乱を避けて揚州から60キロ程東にある泰州に居を移し、姚正鏞(仲海)の食客となった。
    泰州には蘇州や常州から多くの文人が避難しており、譲之は敬愛の対象となりその書画印を求められた。

    65歳の時、趙之謙の訪問を受け、お互いを尊敬しあった。以来、30歳年少の趙之謙は譲之の印法を敬慕している。
    魏錫曽はこの後『呉譲之印譜』を編集。

    呉熙載の代表的な作品

    • 「師慎軒印譜」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    呉熙載を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法