買取作家

隠元

いんげん

隠元 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 隠元 の作品を高く評価し買取しております。
もし 隠元 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

隠元

隠元 隆琦(いんげん りゅうき 万暦20年,文禄元年11月4日(1592年12月7日 )- 寛文13年4月3日(1673年5月19日))は、明末清初の禅宗の僧。福建省福州福清県の生まれ。俗姓は林曽炳。
特諡として仏慈広鑑国師、覚性円明国師、径山首出国師。勅賜として華光大師、真空大師。


10歳の頃から仏教に発心する。母に出家修道を許されず、一度志を捨てる。
その後23歳で寧波の普陀山にのぼり潮音洞で茶の接待役(茶頭(さずう))して奉仕する。29歳のとき福州黄檗山の鑑源興寿の下で剃髪出家した。


その後、嘉興の興善寺や峡石山碧雲寺などで学ぶ。しかし、費隠通容禅師が黄檗山に住したので帰山。費隠に参じ、43歳の時に費隠の法を嗣ぎ、黄檗山に7年間住して禅風を宣揚した。


1952年から長崎の興福寺の住持に空席が生じたため、興福寺住持の逸然性融が隠元を日本に招請。3年間の約束でこれに応じ、1654年に一行30名が来日。興福寺、後に崇福寺に住した。この壮挙は日本の仏教界や禅僧たちに多大な反響を与えた。


その後、龍渓性潜らは隠元を京都・妙心寺に迎えようと奔走する。しかし、愚堂東寔らの反対により、摂津普門寺に迎えられた。


1658年には江戸に赴き、将軍徳川家綱に謁見。翌年、幕府から山城宇治に寺地を与えられる。1661年には黄檗山万福寺を開創。3年後に隠退。1673年に死去。


独特の威儀を持ち、日本に「禅浄双修」の念仏禅や、「禅密双修」の陀羅尼禅を特徴とする明朝の禅「明禅」を伝えた。


また、道者超元と共に禅宗界に大きな影響を与え、江戸時代における臨済・曹洞の二宗の戒律復興運動等にも貢献をした。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

隠元 最新の買取実績

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら