何海霞かかいか

    何海霞の買取

    何海霞の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    何海霞 何海霞(かかいか 1899年(明治32年)‐1983年(昭和63年))は中国の画家、書家。北京出身。名は瀛、字は海霞。

    中国画壇における「長安派画家」の創始者のひとりとして活躍。強い色彩で雄大で美しい山水画、花卉を得意とする。張大千に師事。清家は代々優秀な書道家を輩出。
    何海霞自身も幼い頃より古典院体画、書を学ぶ。中国画学研究会に参加の後、周養廠、金世光から指導を受けた。

    後に古代字画補修の仕事をするようになり、その道の名人となっていく。
    10世紀以降の異なる流派の絵画や現代の著名な大家の絵画は何でも模写できた事から「鬼手(模写の大家)」と呼ばれ、名声を手に入れた。
    中国画学研究会研究員、評議員、陝西省国画院副院長、中国通信大学顧問を歴任し、 張大千、斉白石らと共同で展覧会も開催した。
    何海霞の作品は現代でも人気が非常に高く、偽物や工芸印刷も数多い。その為、鑑定が難しい作家としても知られている。

    何海霞の代表的な作品

    • 「山水図」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    何海霞を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法