何香凝かこうぎょう

    何香凝の買取

    何香凝の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    何香凝 何香凝(か こうぎょう 1879年8月14日‐1972年9月1日)は中国の女性政治家、革命家、画家。旧名は諫。別名は瑞諫。息子は廖承志で娘は廖夢醒。いずれも中国共産党に属する。香港出身。

    1897年に廖仲愷と結婚し1902年、廖が日本に留学するのをきっかけに、何香凝も翌年に日本へ留学。
    日本で、日本女子大学校(現:日本女子大学)予科を経て、日本高等師範学校(現お茶の水女子大学)予科に入学。
    1908年、私立女子美術学校(現:女子美術大学)に転入し、田中頼章のもと、絵画を学ぶ。何香凝の作品の多くは「獅子」「虎」等動物や、
    中国に於いて草木の中でも「竹」「梅」「菊」「蘭」は高潔で君子のようである事から「四君子」と言われ、多数の四君子を描いて来た。
    日本画のような技法が組み込まれ作品を生み出していた。また、中国で初めて個人の名前がついた「何香凝美術館」が国立美術館が設立されており、
    とても高名な画家であったと伺える。一方同じ頃、孫文と出会い、1905年、中国同盟会に参加。以降夫の廖仲愷と活動を開始する。

    第二革命、護法運動の際も孫文とともに活動を行った。廖仲愷の死後、夫の遺志を継ぎ党人として活動を継続、慰労隊、救護隊に従事したが、
    上海クーデターを機に蒋介石が党内の権力を握り汪兆銘も中国共産党と決裂してしまい、下野。1931年に満州事変が勃発すると何香凝は中国へ帰国。
    抗日社会運動に積極的に参加。以降中華人民共和国が成立してからも中国人民政治協商会議全国委員会副主席、華僑事務委員会主任、
    中国美術家協会主席、全国人民代表大会常務委員会副委員長、民革主席、中華全国婦女聯合会名誉主席などを歴任。
    1972年9月1日、病没。享年94歳。

    何香凝の代表的な作品

    • 「何香凝詩畫集」
    • 「雙清詞草」
    • 「雙清樓文集」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    何香凝を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法