買取作家

郭沫若

かくまつじゃく

郭沫若 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 郭沫若 の作品を高く評価し買取しております。
もし 郭沫若 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

郭沫若

郭沫若(かく まつじゃく 1892年(明治25年)11月16日‐1978年(昭和53年)6月12日)は、中国の文学者、政治家。四川省出身。本名は郭開貞で、号は尚武。沫若は筆名。ほかに麦克昂、易坎人など多数ある。
1914年(当時22歳)に日本に留学し、日本語を学ぶ。

学生時代から文学に親しみ、後に郁達夫らと「創造社」を結成。
詩集「女神」を出版し、「芸術のための芸術」を主張した。帰国後、プロレタリア・リアリズムを提唱し、実践活動を開始し、国民党に参加。
しかし、1927年に蒋介石と対立し日本に亡命。亡命生活の中で中国史研究に没頭した。
1937年盧溝橋事件が勃発、日中戦争に発展すると、妻子を残して帰国し国民政府に参加した。

戦争中期からは反動傾向にあった国民党に対する批判を「屈原」等の歴史劇に現し、大きな反響を呼んだ。
第二次世界大戦後は反内戦、民主主義の運動の先頭に立ち、解放には副総理、科学院院長などを歴任する一方で、古代史研究、史劇などに名を遺した。
1966年全人代副委員長として常務委員会に出席した郭沫若は、「今日の基準で言えば、私が以前に書いた全てのものは、厳格に言えば全て焼き捨てるべきで少しの価値も無い」との自己批判を行った。
自身を守るためであったが、知識人の思想改造の成功例として取り上げられ毛沢東の庇護を受ける。
毛沢東や江青らの詩を賛美し、批林批孔運動に乗り、著書『李白と杜甫』で杜甫を貶めた。しかし四人組が逮捕されると一転して彼らを批判する詩を発表した。
現在も現代文学や歴史などの文化面での業績が高く評価された。

郭沫若 の代表的な作品

  • 『郭沫若全集』

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら