王鐸おうたく

  • 買取強化中

王鐸の買取

王鐸の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

王鐸 王鐸(おう たく、1592年-1652年)は、明末清初の書家。孟津出身。
字は覚之・覚斯。号は、嵩樵・十樵・石樵など。官は礼部尚書に至った。自由で感情に富んだ書と、簡素で平明な山水画で知られた。明・清の2朝に仕えた


天啓2年の進士に30歳で合格。その年の進士には倪元璐らがおり、共に学問を研鑽しあっていた。また、順調に出世。明朝に仕え礼部尚書となる。
詩文書画に優れ、特に書名の評価が高く、董其昌と並ぶほどであった。学問にも優れ、特に歴史を得意とした。


10歳の頃から書を始め、連綿草を長条幅に書き、独自の書風を生み出す。二王の尺牘を中心に臨書を多数残し、自運の作とに大別できる。


絵では山水画が優れ、花鳥画や四君子などの南画に抵抗し五代の荊浩や関仝を模範とした墨調の強い作品を制作した。当時から評判が高く、現在でも多数の逸趣のある書画作品が伝えられている。

王鐸の代表的な作品

  • 「擬山園帖」
  • 「琅華館帖」

古美術永澤より王鐸の買取

王鐸は本物であれば、書・画ともに高額買取が期待できます。
もしお心あたりの作品がございましたら、お気軽にご相談下さい。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

王鐸を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法