買取作家

林長民

りん ちょうみん

林長民 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 林長民 の作品を高く評価し買取しております。
もし 林長民 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

林 長民(りん ちょうみん、1876-1925)は、清末民初の政治家・教育者。福建省出身。北京政府の要人である。
幼名は則沢。字は孟宗。号は苣苳子、桂林一枝室主など。
父は林孝恂。弟に林覚民。娘は建築家で詩人として著名な林徽因。梁啓超の子梁思成は娘婿にあたり同じく建築家。

林長民の父・林孝恂は息子の英文・日文の学習のためにカナダ国籍の教師と日本国籍の教師を招いた。
1906年 杭州東文学校を経て日本に留学。早稲田大学予科と大学経済学科で学び、法政学科で学士を取得。
張謇、岑春煊、湯化竜、孫洪伊、劉崇佑、徐仏蘇、楊度、宋教仁に加え、犬養毅、尾崎行雄とも交流している。
1909年(宣統元年)に帰国。福建官立法政学堂教務長兼咨議局書記長に就任する。
1911年(宣統3年)の辛亥革命がで従弟の林覚民・林尹民が壮絶な死を遂げたことが、林長民人生を大きく変える。
慶応義塾大学哲学科の学生だった林文・林覚民・林尹民は同級生でともに勉学に励んでいたが、3月5日、香港へ渡り黄興らと共に広州起義を起こし失敗。4月27日の黄花崗起義において黄花崗七十二烈士として戦士・処刑される。林長民はその直後から革命活動に身を投じることとなる。
孫文が中華民国臨時大総統に選出されると、林は内務部参事に就任。中華民国臨時約法の作成に参加する。
1912年(民国元年)1月、林は張謇、程徳全らと統一党を組織し、その幹事となる。5月に共和党が結成され幹事をつとめる。
1919年(民国8年)、国際連盟同志会理事となる。この時ヴェルサイユ会議における山東利権回収交渉不調を見て、北京の『晨報』で列強批判を掲載。五四運動を引き起こすきっかけの1つとなったといわれる。
1925年(民国14年)、郭松齢に同行していた際に乱戦に巻き込まれ、流れ弾を受けて戦死した。享年50(満49歳)。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら