買取作家

林紓

りんじょ

林紓 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 林紓 の作品を高く評価し買取しております。
もし 林紓 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

林紓(りんじょ、1852-1924年)中国清末・民国の近代近代文学家、翻訳家。詩文・画にも優れ、博学多芸で知られる。
福建省閩侯(びんこう)県の人。字は琴南。号に畏廬(いろ)・冷紅生、践卓翁。室名煙雲楼など。「椿姫」その他、欧米・日本の小説を文語で翻訳。

1882年挙人。
古文を学んで、フランス帰りの友人王寿昌が口語訳したデュマ・フィス『椿姫』を訳し、『巴黎茶花女遺事』として刊行した。この成功によって各国170種余りの小説を翻訳し、海外文学の紹介に貢献。社会と文壇に大きな影響を与えた。のちに京師大学堂(北京大学の前身)で古文の教育にあたる。
民国以後、胡適らの白話運動が起こると、反対派の急先鋒となった。『妖夢』『荊生』などの小説をつくるなど風刺した。

辛亥革命後は教員となり桐城派古文を推挙。以後北京で翻訳をしたり、小説家または画家として生活を送る。
山水画は初め文徵明のような鋭さを感じさせる美しさで、徐々に戴熙のような厚みを携えていった。
林紓は数多くの海外文学から芸術文化・思想を吸収しながら、絵の世界では中国の先人にその筆法を学び、様々な伝統技法の水脈を受け継いだ。石涛曰く、その壮大なスケールの中に趣が溢れている。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら