林墉りんよう

    林墉について

    林墉の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    林墉(りんよう、1942年4月23日-)中国の画家。人物画、花鳥画を得意とする。
    中国美術家協会副主席、広東画院院長、美協広東分会主席、中国画研究院院務委員、広東省文聯副主席。
    国務院特殊津貼専門家の認定を受けた国家一級美術師。

    林墉は、文化大革命前に卒業した画学生たちと同様に、厳格な造形基礎訓練を経験し、現代中国画の新伝統に熏陶する。
    しかし、1966年~1977年まで続いた文革では、芸術に対する著しい迫害を経験し、芸術家にとっては苦しい時期を過ごす。
    改革解放の時にはその反動から芸術性を渇望し、芸術にのめり込んでいく。林墉はいつしか新時代の新嶺南派の代表となっていた。
    彼の作品は新時代の春風であり、自由奔放な美しさが刺激的であった。
    林墉の描く女性像は、柔らかな筆使いで流水のような美しい曲線で描かれ、女性らしさやその魂の豊かさを表現した。
    彼は創作を通して豊かな生活とは何か、その理想と美意識を大衆に示したのだ。

    1966年 広東美術学院中国画系卒業。
    1981年 広東美展で「宋慶齢」2等賞に入選。
    1982年「訪問巴基斯坦組画」が、広東省第1回魯迅文芸奨を受賞。
    1983年 パキスタン総統より授与され、国内各地で個展を開き、画集も多数出版される。
    画集には《林墉作品選》、《林墉訪問パキスタン選集》、《人体速写》、《林墉肖像画》、《林墉中国人物写生精選》などがある。
    1989年 第六回全国美展評選委員副主任に就任。
    2018年 第九回中国美協顧問となる。

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    林墉を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法