凌文淵りょうぶんえん

    凌文淵の買取

    凌文淵の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    凌文淵 凌文淵(りょう ぶんえん、1876-1944年)は、中華民国の政治家・書家・画家・経済学者である。名は庠だが、字の文淵で知られている。号は、直支、植支。
    1903年に大阪で開催された内国勧業博覧会を視察しにきている。1909年には江蘇省咨議局議員に当選し、張謇らの立憲運動に参加。1912年南京臨時参議院議員に当選し、立憲党に参加。その後も衆議院議員に当選、進歩党に加入した。また、北京政府財政部の参事や首席参事をつとめ、主に外債委員会においての任務であった。その後も財政総長を務めるなど、政治家として活躍をする。
    北京政府崩壊後は政界を離れ、東方絵画協会幹事や国立芸術専門学校教授等につとめた。梁は在野にあって教育・芸術の振興に励む。北平美術学校校長を務めながらも、中国各地の学校で芸術教育にあたっていた。一方で、経済学者としても優れており、経済学に関する著書を残している。
    教育や政治家としてだけでなく、芸術家としても知られていた。書家としての作風は、初期は柳体であったが、後に張遷碑の書体に近づいていった。絵画は徐青藤を模範とし、梅・蓮の花の絵に独特の風格があると評された。その才能は、京師四大画家と称されるほどであった。
    1944年5月に死去。享年69。

    年表
    1876年 生まれる
    1903年 大阪の内国勧業博覧会を視察しにくる
    1909年 江蘇省咨議局議員に当選
    1912年 南京臨時参議院議員に当選
    1917年 北京政府財政部の参事及び首席参事をつとめる(1927年まで)
    1922年 財政部常務次長代理・署理に昇進
          暫時代理として財政総長をつとめる
    1944年 死去

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    凌文淵を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法