買取作家

梁漱溟

りょう そうめい

梁漱溟 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 梁漱溟 の作品を高く評価し買取しております。
もし 梁漱溟 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

梁 漱溟(りょう そうめい、1893年-1988年)は近代中国の思想家。哲学家、教育家、国学大師。中国最後の大儒家と称される。
北京生まれ。祖籍は広西省桂林県。

梁漱溟は常に思想家としての意識を持ち、己の思想に基づいて行動する人物であった。
その脳は朝起きて一旦思考を始めると止めることを知らず、常に不眠の状態であった。その不眠が原因で北京大学を辞職したこともある。
家庭でも口数は少なく、あまり笑ったりもしなかった。梁漱溟にとっての最大の関心は思考についての問題であったが、書道を趣味としており、いくつかの作品を遺している。
日本の二宮尊徳を敬愛したことでも知られている。


1893年10月18日生れる。
1916年、蔡元培学長に招かれ北京大学の教授となる。
1917年、衡山にて出家し僧となると、大学ではインド哲学や仏教哲学の講義を始める。
哲学研究所を設置し、孔子研究をはじめ、1918年には北京大学出版部から《印度哲学概論》を出版する。

1928年に「村治」として提唱した自らの思想的実践を果たすために、郷村建設運動に没頭。
儒教の精神に法った農村社会運動家、教育家として、山東省の郷村建設の指導を行った。

第二次世界大戦中は、1941年に結成された中国民主政団同盟に参加し、国共両陣営の橋渡し役を演じ、民主同盟の結成に参画した。

1950年から、第1回~6回にかけて全国政協常委などで北京に招かれる。
1955年頃から《人心と人生》《東方学術概観》《中国人》などの著作を発表。
1980年頃から、中国孔子研究会顧問、中国文化書院院務委員会主席、中国文化書院発展基金会主席などに就く。

1988年6月23日、北京にて逝去。桂林市穿山公園に埋葬され、一部は山東省邹平県小黄山に分骨された。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら