買取作家

劉奎齡

りゅうけいれい

劉奎齡 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 劉奎齡 の作品を高く評価し買取しております。
もし 劉奎齡 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

劉奎齡(りゅうけいれい、1885年—1967年)字耀辰、号蝶隐。中国近現代美術史を開拓した巨匠。“全能画家”と称される。工筆をよくし、動物画に優れ、植物や人物画、及び山水画を得意とする。劉継卣の父。

劉奎齡が描く動物は多種に渡り、その幅の広さは追随を許さない。作品は広がりを感じさせるゆったりとした構図で、配された動物たちは生命力にあふれ、瑞々しい彩色での描画は深い境地に至っている。

劉奎齡は中国伝統画派と中西融合派の中堅で、西洋の古典主義、ルネサンス、浪漫主義、リアリズムや印象派の色彩学までも掌握し、油絵技法を吸収した。西洋の現代アートと中国の伝統芸術の中に創造への精神的な相似性を見出し、伝統的な写実技法に光をあてた。また、日本画へも思いを寄せ、横山大観と竹内栖鳳などの代表的な作家を参考とし、朦朧体、狩野派、大和絵、漢画などの古典技法を精密に研究している。その芸術性は惠孝同、劉子久、陳少梅、劉継卣、何家英などの芸術家たちに大きな影響を与えた。
何家英は、“劉奎齡先生は中国写実国画の巨匠である。その画風は西洋画法を取り込み、中国画として独創的な新技法を生み出した。その表現方法は、中国画の本質を失うことなく、自然の美しさを華やかに、惜しみなく表現したうえで、さらに自然に息づいている。”と絶賛。また、1953年に初めて劉奎齡の作品を見た徐悲鴻は、大変感動し、友人を介して作品制作を依頼している。その1年後、徐悲鴻は作品の完成を待つことなく病のため他界したが、劉奎齡の代表作である《上林春色図》を高く評価していた。

年表
1885年 清光緒十一年 天津郊区土城村(現天津市河西区土城平建里2、3号)に生れる。祖籍浙江紹興市。
1889年 清光緒十五年 4歳の頃、動物や草花を好んで描いた。
1912年 民国元年 27歳 天津新新画報館の絵師となる。
1918年 民国七年 33歳 土城村で第3子に劉継卣が生まれる。
1920年 民国九年 35歳 職業画家となる。
第一届中日絵画聯展が北京南河沿にある欧美同学会で行われ、横山大観、渡辺晨畝、竹内栖鳳などの作品に啓発される。
1930年 民国十九年 45歳 劉継卣とともに愛新覚羅溥儀、愛新覚溥儒、愛新覚溥杰と知り合う。
1955年 70歳 中国人民政治協商会議河北省天津市委員に就く。
1956年 71歳 中国美術家協会天津部会副主席に就く。
1958年 73歳 天津市河西区土城中大街28号に住む。毛沢東主席が天津視察に訪れた際に、劉奎齡と劉継卣と接見する。ふたりは貢献を讃えられ激励を受ける。
1967年 82歳 6月天津土城で逝去。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら