査士標さしひょう

    査士標の買取

    査士標の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    査士標(さしひょう、1615~1698年)は明末清代初期の書画家。字は二瞻、号は梅壑散。安徽省休寧出身。
    はじめ科挙を目指したが、 明が滅び清王朝が成立すると楊州で詩書画に専念する生活を始めた。 書は董其昌の影響を受けた、「米・董の再出」と評された。国内の主要作品として中国書画蒐集家・山本悌二郎の旧蔵品であった「行書鮑防上巳寄孟中丞詩」、「澄懐堂美術館蔵」がある。同郷の漸江と共に「新安四家」の一人に挙げられる。

    査士標の代表的な作品

    • 「行書鮑防上巳寄孟中丞詩」
    • 「澄懐堂美術館蔵」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    査士標を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法