買取作家

郎世寧

ろうせいねい/かすてぃりおーね

郎世寧 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 郎世寧 の作品を高く評価し買取しております。
もし 郎世寧 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

郎世寧

郎世寧(ろう せいねい、1688-1766年)は中国、清前期のイタリア人の宮廷画家である。イタリア名はジュゼッペ・カスティリオーネ Giuseppe Castiglione。
1688年7月19日にイタリアのミラノに生まれた。ボローニャ派の伝統に従ったプロの画家としての訓練を積む。アンドレア・ポッツォに直接学んだわけではないが、その影響を受けていた。
1707年にジェノヴァのイエズス会の会士となった。すでに絵事に優れていたため、司祭ではなく修士を務め、中国で画家として働く任務を与えられた。画家として清朝に奉仕することを決意し、ポルトガル経由で1715年に中国に渡った。
康煕帝に拝謁した。康熙帝の崩御後、雍正帝はキリスト教を禁止。宣教師をマカオに追放したが、北京の宮廷にいる宣教師は引き続き仕えることができた。乾隆帝にはまだ皇子だったころから仕えており、とくに重用された。以後、康煕・雍正・乾隆3朝に仕えて多くの絵画を制作した。
雍正帝と乾隆帝は1747年より円明園の大々的な拡張を行い、カスティリオーネはその設計に参加し、バロック様式を取りいれた。
絵画作品は、中国風のマティエールを用い、西洋風の陰影法と写実主義をもって描く折衷的な様式であり、同時期の画院絵画に大きな影響を与えた。
乾隆帝やその皇妃、子供たちの肖像画を多数残した事でも知られている。「皇帝の顔に影を描いてはいけない」という決まりがあったため、西洋画の特徴でもある影を入れて描く事ができず、その肖像画のほとんどが正面を向いており、皇帝の顔がのっぺりとした顔立ちで描かれている。それに対し、騎乗している馬は西洋画の技法で立体的に描かれている作品も見る事ができる。
1766年に北京で没し、侍郎の官位を贈られた。
康熙年間の作品は残っておらず、雍正元年に描かれた静物画「聚瑞図」が現存する作品でもっとも古い。
年表
1688年 ミラノで生まれる
1707年 イエズス会の会士となる
1715年 中国に渡る
1747年 円明園の設計に参加
1766年 死去

郎世寧 の代表的な作品

  • 「八駿図」
  • 「牡丹図」
  • 「瓶花」
  • 「聚瑞図」
  • 「花陰双鶴図」
  • 「白鷹」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら