周震麟しゅうしんりん

    周震麟の買取

    周震麟の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    周 震麟(しゅう しんりん )は清末・中華民国の革命家・政治家・教育者・書家。華興会結成メンバーの1人で、中国同盟会にも参加した。古参の革命派人士として、後に中国国民党にも加入している。字は道腴。

    19歳で秀才となり、1897年(光緒23年)に両湖書院へ入学する。卒業後、湖南高等学堂監督となり、後に教務長となった。1903年(光緒29年)、長沙明徳学堂で教鞭をとる。同年11月、黄興・劉揆一・章士釗らと華興会を結成した。1905年(光緒31年)8月には、中国同盟会にも加入している。以後、安徽省や北京で教鞭をとる傍ら、革命活動に従事した。

    辛亥革命直前には上海の同盟会中部支部により長沙へ派遣され、蜂起計画に参加した。中華民国成立後は、湖南省籌餉局局長兼軍務幇弁に任ぜられている。1913年(民国2年)、参議院議員に選出された。1917年(民国6年)、孫文(孫中山)が護法運動を開始すると、周震麟もこれに合流し、9月に大元帥府参議に任ぜられている。

    1921年(民国10年)、中国国民党広東支部総務部部長兼湖南駐粤代表に任ぜられた。1927年(民国16年)9月からは、南京の国民政府で委員となる。翌年、国民革命軍が北伐により北京を攻略すると、周震麟は北京に赴いて、大総統府・国務院など各政府機関の接収事務を担当した。同年10月、周震麟は立法院立法委員に任ぜられ、後に、北平民国大学校長も務めた。なお、周は書道に堪能であり、特に篆書に優れたという。

    1932年(民国21年)2月、監察院熱察綏区監察使となる。翌年2月、国民政府委員に復帰した。1944年(民国33年)7月、国民政府顧問となり、その翌年5月には国民党第6期中央監察委員に選出されている。1949年(民国38年)8月、湖南省で程潜・陳明仁らが中国共産党側に転じる起義を行うと、周もこれに従った。中華人民共和国成立後、周は北京に寓居している。

    1964年、北京で病没。享年90。

    出典:Wikipedia

    周震麟の代表的な作品

    • 「民國寧郷縣志 」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    周震麟を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法