即非如一そくひにょいつ

  • 掛軸買取
  • 禅僧美術
  • 黄檗の三筆

即非如一について

即非如一の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

即非如一(そくひ にょいつ、1616年~1671年は、江戸時代前期中国の明から渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。福建省福州府福清県の出身。俗姓は林氏。字は即非。

1657年、隠元に招かれて来日し、長崎崇福寺の住職となる。
1663年、小倉藩(福岡県)藩主小笠原忠真に迎えられ、福聚寺を開く。
黄檗三筆の一人。著作に「即非禅師全録」など。

能書家として知られ、隠元隆琦、木庵性瑫とともに黄檗の三筆と称される。詩を善くし、観音・羅漢・蘭竹を描き、日本の文人画の先駆けとされる。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

即非如一を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法