買取作家

林則徐

りん そくじょ

林則徐 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 林則徐 の作品を高く評価し買取しております。
もし 林則徐 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

林則徐(りん そくじょ、1785-1850年)は中国、清末道光帝時代の官僚及び政治家である。字は元撫・少穆。号は竢村老人。諡は文忠。
1785年8月30日福建省閩侯県に生まれる。1811年に科挙に合格し進士となる。その後すぐに翰林院から地方官に転出。その間治水問題に積極的に関わるとともに、不正な官吏の大量処分を断行。このことで名声を得る。
その後1837年に湖広総督になる。黄爵滋のアヘン厳禁上奏に応じて、アヘン厳禁を主張。黄爵滋の「阿片厳禁論」に賛同し上書した。その実績と議論の精密さに道光帝は評価され、1838年にアヘン禁輸の欽差大臣に任命され、翌年にはアヘン問題解決のため広州に派遣される。
一方で、西方の事情を理解するために、外国の地理書や法律書、新聞などを翻訳させる。自ら『四州志』『各国律令』を編集。正当な貿易は保護。外国の近代兵器を購入して防衛力を強化しようとした。また、イギリス商人が持っている阿片を全て没収。虎門海岸で焼却した。これに怒ったイギリス商人たちは林則徐に抗議。最終的に阿片戦争を引き起こすことになった。両江総督に任じてから、アヘン戦争が始まったが、北進したイギリス軍を目前にして朝廷内で和平派の圧力により、戦争挑発者として罷免され、西域辺境の新疆のイリに左遷された。
しかし、そこで開墾事業に功績をあげ、雲貴総督に昇任。1849年に隠棲したが、太平天国の乱が起こると召し出され、太平天国に対する欽差大臣に任命された。1850年11月22日の赴任に赴く道中で病死。アヘン商人による毒殺という説もある。
年表
1785年 福建省閩侯県に生まれる
1811年 進士
1837年 湖広総督になる
1838年 アヘン禁輸の欽差大臣に任命
1840年 アヘン戦争
1849年 欽差大臣に任命
1850年 死去

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら